読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日曜日はなかった。

Sunday is dead. 日々の雑感。見たアニメや映画、読んだ本とかについて。

『尾道てのひら怪談』やっぱり猫が多かった。あと、ありがとうございます。

800文字で書ける、てのひら怪談のお祭りが大阪飛んで尾道でもありました。 『尾道てのひら怪談』 onomichikwaidan.wixsite.com 昔一度だけ旅行はしたことがありますが、あの怪しげな感じはほんと絵になりますよね。まさに怪談。ばっちしな雰囲気でございます…

第二回「大阪てのひら怪談」応募作のおくやみ

今年も第二回「大阪てのひら怪談」がありました。 ご存知じゃない方がここに見に来るとあまり思えませんが、大阪を舞台にした800文字怪談を募集するという、たいへんたのしい催しです。 昨年度はなんかよい感じなったのでで小躍りしたわけです。 というわけ…

「大阪てのひら怪談」に行ってきました。

2016. 2. 6~2. 17で開催していた『掌中世界 大阪てのひら怪談』という展示会に、先日行ってまいりました。 800文字の怪談ショートショートを一般公募していたイベントです。 それで、いきなりですけど。 このたび『トライアゲイン』という拙作が優秀賞を頂…

なんてエロい蟹だ。最高だ。『かにみそ』感想

かにみそ (角川ホラー文庫) 作者: 倉狩聡 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店 発売日: 2015/09/25 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る ひょんなことから、倉狩聡『かにみそ』を読みました。 第二十回日本ホラー小説大賞優秀賞受賞作で…

「おのれ、映画版『屍者の帝国』と『屍者たちの帝国』!」感想とあれこれ

■Puroject・Itohにかこつけて、映画版『屍者の帝国』を見てきた。 このあいだね。(一ヶ月前) 伊藤計劃の『虐殺器官』『ハーモニー』と、円城塔×伊藤計劃 (伊藤計劃×円城塔?)の『屍者の帝国』が劇場アニメ作品となって帰ってくるらしい。というか帰ってきた…

妄想がイキイキしてるって、『月世界小説』感想

私は牧野修の本が好きである。 純朴な高校生の際、牧野修の『楽園の知恵〜あるいはヒステリーの歴史〜』を読んだ私はその気持ち悪い妄想と狂気への振りきりになんらかの初体験を持っていかれ、内臓ゲロゲロも苦手な無垢だったはずの性癖にぐちぐち膿んで治ら…

『書き下ろし日本SFコレクションNOVA+ バベル』

『書き下ろし日本SFコレクションNOVA+ バベル』 大森望責任編集 かの第45回星雲賞自由部門を獲得した《NOVA》シリーズのリブートである。 去年発売だけど今更読み終わった。 僕はこのアンソロシリーズが好きだ。 毎回全作新作読みきりなので、気まぐれシェ…